スポンサーリンク

超高齢化社会~長生きって幸せなの?

茨未知子
茨未知子

こんにちは。茨未知子(@ibara_michico)です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

長生きして幸せだったと思えるのかな

唐突に申し訳ない。

いつも思ってることなの。日本は超高齢化社会になって巷には老人が溢れかえってるよね。

元気な老人もいれば、世の中に憎しみを持って生きてる老人もいるし。

老人ビジネスじゃないけど、そこらじゅうに乱立されてる老人ホームとか。

見ず知らずの老人を介護するなんて、身内の人間でも嫌なのに他人に任せちゃう神経(笑)

全員がそうだなんていわないけどさ、人に迷惑かけてまで生きたくないと思ってるの。

寿命が縮まればいいな

いつまでも生きてかなきゃなんないから、今の稼ぎを老後の蓄えにとっておくとか。

今を老後のために生活してるとか仕事してるとか、なんか変じゃない。

60歳位が寿命だったら50歳位まで働いて、ぱーっと遊んでポックリとか。

これがあたしの理想だったりするんだよね。

子供のためとか、孫のためとか、考えなくて良いし。自分のために働いて、自分でパーッと使って

パーッと散っていく。短い人生でも充実した人生だったって感じれたら最高でしょ。

疲れ切ってヘロヘロになるまで働いて稼いで残して、自分って一体なんだったんだろーって

思いたくないのよね。

子供も楽でしょ

勝手なこと言ってるのは承知の上。

我が子が可愛いのも当たり前。可愛い子どもに、親の面倒みないと・・・なんて思わせたくないの。

子供は子供の人生を、自分のために進んでほしいし。

寿命が短くなれば、生き急がなきゃなんないから、やりたい事どんどんする。

我慢なんてしてる暇は無いのよ。

個々が、それぞれ自分のために生きれるって素敵じゃない。

無駄な土地開拓しなくていいよ

高齢化でどんどん人様がいなくなる時は、お墓だったり骨堂だったりいるわけだし。

墓たてるったって、森林伐採したり、自然破壊してまで墓の土地を確保してるって(笑)

お骨になんかしないで粉にして、海や空から散骨してしまえばいいのさ。

日本人みんな兄弟ヽ(^o^)丿

なんだか、骨に手を合わせるって、よーく考えたらホラーよね。

お盆近いからアレだけどさ、なんだか怖いね。敬う気持ちは骨がなきゃ出来ないわけじゃないし

心の奥にずーっと思える事なのに、なぜか墓石に手を合わせたり、わけわからん。

 

あと10年しか生きれないと思えば、やりたい事が思いつくけど

あと30年も生きるかと思えば、ぞーっとする。死ぬまで働けってか。

 

育ってきた環境が良くなかったせいか、こんな事ばっかり考えちゃうんだよね。

 

短い人生でも、楽しかった人生だったって言える人生を送る。

 

これに尽きる。

 

 

2030年問題とは?高齢化と労働力不足が引き起こす問題について - キャリアを考える - ミドルシニアマガジン | マイナビミドルシニア
「2030年問題」とは、2030年に日本に生じうる社会的問題を総称した言葉です。人口が減少し超高齢化社会へと人口動態が変化することで、社会に変化が起こることが予測されています。この時代を生き抜くための心構え、働き方、ライフスタイルに焦点をあてつつ考えてみましょう。

 

 

 

健康
スポンサーリンク
スポンサーリンク
茨 未知子をフォローする
茨道-いばらみち-

コメント